つば九郎の家が完成 神宮球場から徒歩2分

完成した「つば九郎ハウ巣」の前に立つヤクルトのマスコット「つば九郎」=10日、神宮外苑

 プロ野球ヤクルトの人気マスコット「つば九郎」の家「つば九郎ハウ巣」が完成し、11日から一般公開される。神宮球場から徒歩2分の好立地で、デビューから29年目に念願がかなった人気者は「じゅうみんひょうをうつさないと」と筆談で喜んだ。

 今季達成したホーム通算2千試合出場を記念し、神宮外苑の敷地内に総工費3千万円をかけて建設された。外観のデザインは公募し、つば九郎が209作品から選んだ3作品の要素を盛り込んだ。くつろげる縁側があり、軒には本物のツバメが巣を作れる場所も用意。写真を撮って楽しめる仕掛けが施された「フォト巣ポット」が設けられ、新たな名所になりそうだ。

© 一般社団法人共同通信社