音楽教室側、最高裁判決を歓迎 JASRAC「誠に残念」

音楽教室からの著作権使用料徴収を巡る最高裁判決を受け、記者会見するヤマハ音楽振興会の大池真人常務理事=24日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 「若い演奏者の減少の歯止めとなる判決だ」。日本音楽著作権協会(JASRAC)による音楽教室からの著作権使用料徴収が争われた24日の最高裁判決後、原告側はヤマハ音楽振興会の大池真人常務理事が東京都内で記者会見し、生徒の演奏からは徴収できないとの判断を歓迎した。JASRAC側は「主張が認められず誠に残念」とする一方、教師の演奏については徴収が認められ「ほっとしている」と安堵の表情を見せた。

 大池常務理事は「演奏者は、ほとんど教室から生まれている。生徒への徴収は、音楽文化全体に影響を与える可能性があった」と振り返った。

© 一般社団法人共同通信社