ディズニーシー新エリア開業延期 24年春に、コロナで遅れ

「アナと雪の女王」の世界観を再現した東京ディズニーシーの新エリアのイメージ(オリエンタルランド提供)

 オリエンタルランドは27日、2023年度中の開業を予定していた東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)の新エリア「ファンタジースプリングス」について、開業時期を24年4~6月に延期すると発表した。新型コロナウイルスの影響で、工期が延びたと説明している。

 米ウォルト・ディズニーのスタッフの来日が制限されたり、物流が遅延したりしたことなどが要因という。資材費や人件費の高騰、円安進行により、2500億円と見込んでいた投資額も3200億円に膨らむ。

 新エリアは人気映画「アナと雪の女王」や「ピーター・パン」、「塔の上のラプンツェル」の世界観を再現する。

© 一般社団法人共同通信社