愛知にジブリパークがオープン 名作の世界、自然と調和

ジブリパークがオープンし、「ジブリの大倉庫」エリアに入場する人たち=1日午前、愛知県長久手市

 愛知県長久手市の愛・地球博記念公園にジブリパークが1日、オープンした。「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリの名作の世界観を表現した展示を歩きながら楽しむことができる自然と調和したテーマパークとなった。

 初日は抽選で選ばれるなどした約5千人が入場予定。

 今回オープンしたのは「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3エリア。愛知県は「もののけの里」「魔女の谷」の2エリアの整備も進めており、それぞれ2023年秋、24年春に開業する予定。

 主要エリアは屋内施設ジブリの大倉庫。「天空の城ラピュタ」などの名場面の特設セットが目玉だ。

ジブリパーク「ジブリの大倉庫」エリアにある「ネコバスルーム」=10月31日、愛知県長久手市

© 一般社団法人共同通信社