名古屋の商店街で徳川家康像が倒される

 名古屋市西区の円頓寺本町商店街で31日午前、高さ1.5メートルの徳川家康像が倒された。像は強化プラスチック製で、背中に約10センチの穴が開いた。愛知県警西署は器物損壊容疑で調べる。

© 一般社団法人共同通信社