剣道、村上5段が初優勝 全日本選手権、愛媛県警所属

初優勝を果たし、笑顔で記念写真に納まる村上哲彦=日本武道館

 剣道の第70回全日本選手権は3日、東京・日本武道館開催で64人によるトーナメントで争われ、村上哲彦5段(愛媛県警)が初優勝を果たした。安藤翔6段(国士舘大教)との決勝で、面を2本決めた。

 矢野貴之5段(警視庁)、池田虎ノ介4段(筑波大)が3位だった。前回覇者の星子啓太4段(警視庁)は1回戦、前回準優勝の林田匡平5段(福井・丸岡高教)は3回戦で敗れた。4度目の制覇を狙った西村英久6段(熊本県警)は2回戦敗退となった。

決勝で安藤翔(右)を攻める村上哲彦。初優勝を果たした=日本武道館

© 一般社団法人共同通信社