寺田総務相「職責果たしたい」 関係団体に体制見直し要求

記者会見する自民党の寺田総務相=4日午前、総務省

 政治資金を巡る問題が相次いで判明している自民党の寺田稔総務相は4日の記者会見で「引き続き大臣としての職責を果たしたい」と述べた。3年前に死亡した故人を会計責任者とする政治資金収支報告書を提出していた関係政治団体に対し、体制を見直すよう求めていることも明らかにした。

 寺田氏は、自身が関係する政治団体「寺田稔竹原後援会」(広島県竹原市)による故人名での報告書提出について「事務的なミスだ。率直におわび申し上げたい」と改めて陳謝した。一方、自身が直接管理すべき政治団体ではないとして「報告書をチェックする立場になく、詳細は承知していない」と重ねて責任を否定した。

© 一般社団法人共同通信社