決裂は「内閣不信任に値する」 立民代表、教団被害救済協議で

記者会見する立憲民主党の泉代表=4日午前、国会

 立憲民主党の泉健太代表は4日の記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題の被害者救済の与野党協議が決裂した場合、内閣不信任決議案の提出を視野に入れるとけん制した。「骨抜きや先送りがあれば、内閣不信任に値する事案だ」と述べた。

 泉氏は内閣不信任案を提出するタイミングに関し「時期とかを今、考えているわけではない」とした。協議について与党の妨害によって停滞していると強調した上で「まとまらないなら、岸田文雄首相と自民党の国民に対する重大な背信行為だ」と語った。

© 一般社団法人共同通信社