Jアラート、改善要望相次ぐ 北朝鮮ミサイルで自民会合

 自民党は4日朝、北朝鮮による3日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部などの合同会議を党本部で開いた。全国瞬時警報システム(Jアラート)の発令の訂正に関し、出席議員から「情報訂正が遅い」といった改善を求める意見や、原因究明が必要だとの声が相次いだ。

 小野寺五典安全保障調査会長は会合後、Jアラートの発令時間遅れに関して「恥ずかしい発表だった。日本上空を通過しそうであれば、まず国民に知らせることが大切だ」と記者団に述べた。

 合同会議で、防衛省の担当者は経緯を検証すると説明した。国場幸之助国防部会長が明らかにした。

© 一般社団法人共同通信社