脱炭素の斬新アイデア求む、松江 官民若手が提案へ

脱炭素社会を議論する異業種交流型の研修であいさつする松江市の上定昭仁市長=10月、松江市

 松江市と中国財務局、中国電力、山陰合同銀行は脱炭素社会の実現に向けて、若手職員・社員が集まってアイデアを出し合う異業種交流型の研修を始めた。年末までに具体的な提案をまとめ、施策への反映を働きかける。松江市などは異業種の若手が連携することで従来の発想を超えた「斬新な案が飛び出してくるのではないか」と期待を寄せている。

 10月31日に初会合を開いた。メンバーは20~30代中心の24人で、11月から12月にかけて数回のグループ討議を実施。12月末に松江市の上定昭仁市長、中国財務局の錦織功政局長にプレゼンテーションをする。

© 一般社団法人共同通信社