天皇陛下が東大病院で前立腺検査 日帰りでMRI、数日後に結果

検査を終え、東大病院を出られる天皇陛下=6日午後、東京都文京区(代表撮影)

 天皇陛下は6日、東大病院(東京都文京区)を訪れ、前立腺に疾患がないかを調べるため、日帰りでMRI検査を受けられた。検査結果は数日で出る見通しで、宮内庁は内容を公表するとしている。

 陛下はこれまでの検診で、前立腺がんなどの腫瘍マーカーである「前立腺特異抗原」(PSA)の数値が正常より少し高くなっており、宮内庁は10月の発表時に「やや懸念される傾向が見られる」としていた。MRIでの画像検査の結果を踏まえ、組織検査をするかどうか検討する。

 この日午前9時半ごろ、陛下は車で東大病院に入った。検査を終え、午後1時過ぎに病院を後にした。

© 一般社団法人共同通信社