自民、地方組織の意見聴取 萩生田氏、統一選見据え

地方組織の政策責任者を集めた会議であいさつする自民党の萩生田政調会長=6日午後、東京・永田町の党本部

 自民党の萩生田政調会長は6日、東日本の地方組織の政策責任者を集めた会議を党本部で開いた。年末の2023年度予算編成や税制改正、来年4月の統一地方選を見据え、地方の意見を聴取して政策に反映させるのが目的。党として地方重視の姿勢をアピールする狙いもある。

 萩生田氏はあいさつで「地方の最前線で政策に取り組む皆さんから意見や要望を聞き、今後に生かしたい」と強調。党本部と地方組織の連携強化を図る考えを示した。

 都道府県連の政調会長を3回に分けて集める会議の1回目。北海道、東北、関東を対象とした。萩生田氏の発案で自身の存在感を地方に浸透させたいとの思惑もありそうだ。

© 一般社団法人共同通信社