バイデン大統領、失言に身内反発 遊説先で「石炭火力を閉鎖」

米カリフォルニア州で演説する米バイデン大統領=4日(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領が4日の演説で国内の石炭火力発電所を閉鎖すると発言し、身内である民主党のマンチン上院議員が5日「ひど過ぎる」と反発した。マンチン氏は産炭地の南部ウェストバージニア州選出。大統領報道官は「大統領は発言を後悔している」と弁明した。中間選挙の最後の追い込み時期に失言癖が出て、手痛い失点となった。

 バイデン氏は、西部カリフォルニア州で経済政策について演説した際、石炭火力は風力、太陽光よりコストがかかるとし「誰も建設しない。米国にある石炭火力を閉鎖するだろう」と述べた。

© 一般社団法人共同通信社