女子平均台で渡部が「金」、宮田が「銅」

 【リバプール(英国)共同】体操の世界選手権の種目別決勝で、女子平均台の渡部葉月(中京ク)が13.600点で金メダル、宮田笙子(鯖江スクール)が13.533点で銅メダルを獲得した。

© 一般社団法人共同通信社