「高速バスで帰省中に爆睡。運転手に起こされ目を覚ますと、腕の中で眠っていたはずの娘が...」(宮城県・30代女性)

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Tさん(宮城県・30代女性)

その日Tさんは帰省のため、幼い娘を抱いて高速バスに乗っていた。

途中で眠りに落ちてしまった彼女が、運転手に起こされて目を覚ますと......。

高速バスで帰省中の体験(画像はイメージ)

<Tさんの体験談>

娘がまだ1歳にもならない時のことです。その時私たちは京都に住んでいて、四国にある実家に帰省するときは高速バスを利用していました。

その日はバスに乗車してしばらくすると娘が抱っこひもで寝てしまい、私もつられて寝てしまいました。

目を覚ますと、娘が...

いつもであれば娘は一時間ほどで起きてぐずりだしてしまいます。しかしその日は静かで、私は目的地に到着するまで爆睡し、運転手さんに起こされる始末。

目が覚めた私の目に飛び込んできたのは、見覚えのないキーホルダーを持ってご機嫌な娘。

寝起きの私の頭は?マークでいっぱいになりました。

なぜか娘はご機嫌で...(画像はイメージ)

すると斜め後ろに座っていらっしゃったご婦人がこう声をかけてきてくださいました。

「ごめんなさい、お嬢さんがぐずりそうで、お母さん疲れて見えたので、ちょうど新品のキーホルダーがあったから遊んでもらってたの。
少しだけど休めたかしら? 勝手してごめんなさいね」

バスの出発時間が迫っており、慌ただしくバスを降りたため、そのご婦人にはきちんとお礼を言えずじまいになってしまいました。

他にも、モタモタとバスを降りる私に「ゆっくりで良い」と声をかけてくださった方や、出発時に窓から娘に手を振ってくださった方など、乗客の皆さまにとても優しくしていただきました。ありがとうございました。

「忘れられない旅先での思い出」教えて!

Jタウンネットでは読者の皆さんが経験した「旅先いい話」を募集している

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、旅行した時期・場所、具体的な内容(旅行でどんなことがあったか、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

© 株式会社ジェイ・キャスト