日本ハムの秋季キャンプ開始 新庄流で初日から“逆走”

秋季キャンプが始まり、セレモニーで花束を手にする日本ハム・新庄監督=沖縄県国頭村

 日本ハムの秋季キャンプが7日、沖縄県国頭村で始まった。新庄剛志監督は「練習は試合のようにやって、試合で練習のようにやれる準備をさせたい」と就任2年目の来季へテーマを掲げた。

 左打者の“走り打ち”を矯正するため、打ったら三塁へ走る珍しい打撃練習も取り入れた。「内野も(普段と)違う動きで、ちょっと器用さが生まれるかな」と初日から独自色を存分に出した。

 ドラフト3位指名を受け、米大リーグ、メッツ傘下のマイナーから加入した加藤豪将内野手にとっては初の日本でのキャンプで「イメージ的には柔道を学んでいる感じ」と、バント練習など米国とは違う環境が新鮮な様子だった。

守備練習する日本ハム・加藤豪=沖縄県国頭村

© 一般社団法人共同通信社