経産省、原発停止期間の除外案を検討

 「原則40年、最長60年」としている原発の運転期間を巡り、経済産業省が、再稼働に向けた審査による停止期間を年数から除外する案を軸に、法整備を検討していることが8日、分かった。60年超運転も可能となる。

© 一般社団法人共同通信社