法テラスに14日から新窓口 政府の合同相談引き継ぎ

「日本司法支援センター」のロゴ

 葉梨康弘法相は8日の閣議後記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関する被害相談を受け付ける政府の合同電話相談窓口を11日で終了し、14日に日本司法支援センター(法テラス)が業務を引き継ぐと明らかにした。「霊感商法等対応ダイヤル」として新たに窓口を開設し、旧統一教会に限らず幅広く霊感商法の相談を受け付ける。

 葉梨氏は、これまで合同窓口に寄せられた相談の多くが金銭トラブルだとし、弁護士を紹介できる法テラスが引き継ぐことが適当だと説明。それ以外の相談は、別の機関を案内するとした。

© 一般社団法人共同通信社