サンマ水揚げ量、10年前の1割 8~10月、不漁続く

北海道根室市の花咲港で水揚げされるサンマ=5日

 全国さんま棒受網漁業協同組合は8日までに、8~10月の全国のサンマ水揚げ量が約1万1千トンだったと明らかにした。昨年の同時期は上回ったが、10年前の1割に満たない水準で不漁が続く。担当者は「日本近海に来遊する群れの少ない状況が続いているため」と分析している。2012年同時期の水揚げは約16万1千トンだった。

 水産庁によると、国内の主要産地で水揚げされたサンマの9月の平均取引価格は1キログラム当たり576円で、前年同月より5%安かった。大手小売店の担当者は、極度の不漁だった前年よりは店頭価格が落ち着いているものの、平年と比べれば「依然高い」と指摘する。

© 一般社団法人共同通信社