ワリエワ問題、CASへ提訴 WADA、ロシア機関非公表で

 【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)のバンカ委員長は8日、北京冬季五輪中に発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア)のドーピング問題の処遇について、WADAがスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したと自身のツイッターで明らかにした。

 ロシア反ドーピング機関は、処分の有無などを機密事項として公表していない。バンカ氏は「迅速に解決するよう通告したにもかかわらず、進展がなかった」と提訴の理由を説明した。

 同五輪でワリエワは1位のロシア・オリンピック委員会(ROC)の一員だったため、メダル授与式は延期されたままになっている。

© 一般社団法人共同通信社