部活指導の時間外賃金訴訟で和解

 長崎県内の私立高の女性職員が、休日や放課後の部活動の指導に対する未払い時間外賃金を学校に求めた訴訟が、長崎地裁で和解が成立したことが9日、原告側への取材で分かった。学校側が労働時間と認め、解決金185万円を支払う。

© 一般社団法人共同通信社