ミサイルは1発、約250キロ飛行と防衛相

 浜田靖一防衛相は9日、北朝鮮が西岸付近から弾道ミサイル1発を東方向に発射し、日本のEEZ外に落下したと明らかにした。最高高度は約50キロ以下で、約250キロ飛行したとみられると発表した。

© 一般社団法人共同通信社