独、中国企業の投資拒否 半導体メーカー2社巡り

 【ベルリン共同】ドイツ政府は9日、中国企業によるドイツ半導体メーカー2社への投資を拒否したと明らかにした。認めれば「ドイツの秩序と安全が脅かされる」と判断した。

 ロイター通信などによると、中国企業がスウェーデンの子会社を通じて計画していたエルモス・セミコンダクター(ドイツ)の工場買収禁止を閣議決定。ドイツ政府はERSエレクトロニックに対する中国側の投資も拒んだ。

© 一般社団法人共同通信社