官房長官、葉梨法相を厳重注意 死刑巡り「軽率な言動」

松野官房長官との面会を終え、記者団の取材に応じる葉梨法相=10日午前、首相官邸

 松野博一官房長官は10日、法相は死刑(執行)のはんこを押す地味な役職などと9日に発言した葉梨康弘法相と首相官邸で面会し「軽率な言動がないようにしてほしい」と厳重注意した。葉梨氏は面会後、発言を撤回しない考えをいったん示したが、直後の参院法務委員会で撤回した。岸田文雄首相は松野氏から経緯の報告を受け「職責の重さを自覚し、説明責任を果たしつつ職務に当たってもらいたい」と伝え、交代させない考えを示した。野党からは辞任を求める声が上がった。

 立憲民主党の長妻昭政調会長は10日の記者会見で「法相の任にふさわしくない。離れてもらうことが必要だ」と述べた。

葉梨康弘法相

© 一般社団法人共同通信社