金融緩和継続を首相に説明 日銀総裁、急速な円安警戒

岸田首相と会談後、記者の質問に答える日銀の黒田総裁(中央)=10日午後、首相官邸

 岸田文雄首相と日銀の黒田東彦総裁が10日午後、首相官邸で会談した。黒田氏は会談後に記者団の取材に応じ「賃金上昇を伴う形で、物価安定の目標を持続的、安定的に実現できるよう金融緩和を実施していく考えを説明した」と述べた。最近の円相場について「一方的で急速な円安は経済に好ましくないと申し上げた」と警戒感を共有したことも明らかにした。

 岸田首相からは構造的な賃上げ促進などの取り組みについて言及があり、政府と日銀が密接に連携しながら2%の物価目標を実現することで意見が一致したという。岸田首相と黒田氏の公式な会談は9月9日以来、約2カ月ぶり。

© 一般社団法人共同通信社