なんだこのゾワゾワ感は...!セブンにも「集合体スイーツ」登場。食べてみた。

「ちょっと集合体が怖い...」「一瞬ヒャッとなる」「奇妙な見た目」「不意打ちで出くわして死にそうになった」......

セブン-イレブンに2022年11月10日現在、集合体が苦手な人から上記のような感想が寄せられている、インパクト抜群の新作スイーツが登場しています。

「スタバのアレと同じじゃんか」

それは、7プレミアムから展開されている「焼カンノーロ」です。東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州のセブンで販売しています。

記者の居住地近辺では、11月9日時点でまだ入荷していない店舗が多く、2日間探し回って10軒目でようやくゲットできました。

価格は税抜180円です。

※下記より鮮明な商品画像が入ります。集合体が苦手な方はご注意ください

「カンノーロ」とは、筒状に揚げた生地の中にクリームを詰めた、イタリア・シチリアの伝統菓子

あまり聞きなれない名前ですが、有名映画「ゴッドファーザー」にも登場しており、海外ではポピュラーな食べ物のようです。

セブンの焼カンノーロは、筒状に焼成したパイに、さわやかな酸味のあるクリームを詰め、両サイドにチョコチップを盛付けしています。

注目されているのは、この両端にぎっしり詰まった小粒のチョコチップ。これが冒頭で紹介した、ちょっと怖い「集合体」の正体です。

SNSでは、

「スタバのなんかの卵セブン版」

「某コーヒーチェーン店でアレの卵っぽく見えたやつ...」

「スタバに似たようなのあったな」

「スタバのアレと同じじゃんか」

といった声も多数あがっています。

実は今年8月、スターバックスコーヒーにもよく似たかたちのスイーツ「クリームパイ ブルーベリー&ココア」が登場。

両端にピンク色の粒状のパールチョコが盛られており、ネット上では「ジャンボタニシの卵みたい」とインパクトある見た目が話題を呼びました。

たしかにセブンの焼カンノーロもスタバと同様、集合体が苦手な人にはちょっとびっくりする見た目をしていますね。

記者も集合体が苦手ですが、普通のチョコチップと思えばそこまでぞっとはしませんでした。

クリームの酸味が良い!

肝心の味が気になるところ。早速食べてみます。

紙のトレーが付いているので、手で持ってそのまま食べられますよ。

ちなみにサイズは、約13.3cm(※実測値)でした。

食べてみると、思ったよりも甘みが抑えられています。食べる前は甘いクリームパイを想像していたので、少し意外でした。

中に詰まっているクリームの酸味が効いていて、かなりさっぱり。くどくないので、パクパク食べられます。

パイは、表面にもシュガーコーティングのようなものがほどこされていますが、甘さは控えめ。しっとりさっくりしていて、生地の香ばしさが目立っています

チョコチップも、甘さはそこまで強くは感じません。つぶつぶの食感が、クリームとパイの食感とマッチして、良いアクセントになっています。

これなら甘いものが苦手な人でも食べられそうだと思いました。

熱量は228kcalです。ちょうど良いサイズ感で、ティータイムにぴったり。

気になる人は、見かけたら試してみて。

(東京バーゲンマニア編集部 みやま胡桃)

© 株式会社ジェイ・キャスト