大谷、2年連続受賞ならず シルバースラッガー賞

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構は10日、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞を発表し、ア・リーグの指名打者(DH)でエンゼルスの大谷翔平は2年連続の受賞はならなかった。同部門は打率3割6厘、37本塁打、97打点のアルバレス(アストロズ)が初選出された。

 ア・リーグの外野手はリーグ新記録の62本塁打を放ったヤンキースのジャッジが2年連続3度目の受賞。大谷の同僚のトラウトは9度目の選出となった。

 ナ・リーグは一塁手ゴールドシュミットや三塁手アレナドのカージナルス勢と、ドジャースの外野手ベッツが5度目の受賞となった。(所属は今季終了時)

© 一般社団法人共同通信社