ユーロ圏のGDP、0.3%増 23年下方修正、景気後退も

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は11日、ユーロ圏の2023年の実質域内総生産(GDP)が前年比0.3%増になるとの秋季経済見通しを発表した。ロシアのウクライナ侵攻による物価高騰を受け、この冬にいったん景気後退に陥ると予測。7月の前回見通しから1.1ポイント下方修正した。22年の予測は3.2%増とした。

 ユーロ圏は従来の19カ国と23年からユーロ導入国となるクロアチアの計20カ国。

 欧州委は「ロシアの侵攻で経済の先行きは非常に不透明だ」と強調。最大の脅威として「ガス供給不足のリスク」を挙げた。

© 一般社団法人共同通信社