斎藤氏「信頼される法務行政を」 新法相就任会見

記者会見する斎藤法相=11日夜、法務省

 葉梨康弘氏の後任として法相に起用された斎藤健氏が11日夜、法務省で就任記者会見を開き「身の引き締まる思いだ。国民から信頼される法務行政を目指して全力を尽くす覚悟だ」と語った。

 葉梨氏は死刑を巡る発言で更迭された。斎藤氏は、死刑制度の廃止は適当でないとした上で「極めて重大な刑罰で、執行には慎重な態度で臨む必要がある」と説明。大臣としての発言の在り方を問われ「職責に影響を与える発言は厳に慎みたい」と答えた。

 斎藤氏は、首相から司法制度改革や、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害救済などについて指示を受けたとし「使命をしっかり果たす」と強調した。

© 一般社団法人共同通信社