蝉川が首位に浮上、星野陸ら2位 三井住友太平洋マスターズ第3日

第3日、12番でバンカーショットを放つ蝉川泰果=太平洋クラブ御殿場

 三井住友VISA太平洋マスターズ第3日(12日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)プロ転向2戦目の蝉川泰果が6バーディー、2ボギーの66で回り、通算10アンダーの200として2位から単独首位に浮上した。66を出した星野陸也、石川遼が3打差の2位につけた。

 岩田寛、勝俣陵、中西直人、勝亦悠斗が通算6アンダーで4位。河本力が8位で続いた。

 賞金ランキングトップの比嘉一貴は通算2アンダーで17位、前週優勝の堀川未来夢は1アンダーで21位、中島啓太は4オーバーで47位だった。

© 一般社団法人共同通信社