米ゴルフ、松山英樹は首痛で棄権 ヒューストン・オープン第3日

 米男子ゴルフのヒューストン・オープンは12日、ヒューストンのメモリアルパーク・コース(パー70)で第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われ、第2ラウンドを70で回った松山英樹は、第3ラウンドの前半9ホールを終えたところで棄権した。米男子PGAツアーによると首痛のため。

 トニー・フィナウ(米国)が第3ラウンドで68をマークし、通算15アンダーの195で首位を守った。(共同)

© 一般社団法人共同通信社