普賢岳溶岩ドーム、専門家が視察 災害で「崩落の可能性」

溶岩ドーム「平成新山」で状況を説明する、九州大の清水洋名誉教授=14日午後、長崎県の雲仙・普賢岳

 1990年11月からの雲仙・普賢岳(長崎県)の噴火でできた溶岩ドーム「平成新山」を調べるため、九州大地震火山観測研究センターなどが14日、防災視察登山をした。清水洋名誉教授は「地震や豪雨時に崩落する可能性があり、警戒を続けたい」と指摘した。

 清水名誉教授は、近年落ち着いた状態だとした上で「ドームの急斜面にへばりついている岩が、ゆっくりと島原市側に動いている傾向がある」として、注視する必要があると説明した。

 頂部の隙間から発生する噴気の温度は、調査開始時の95年には約700度だったが、14日の観測では90.1度だった。

© 一般社団法人共同通信社