「坂東市将門まつり」勇壮に 武者行列出陣 茨城

観客の声援に応える将門役の石川真一さん=坂東市岩井

勇壮な武者行列が見どころの「坂東市将門まつり」が13日、3年ぶりに茨城県坂東市岩井の商店街で開かれた。平将門役を石川真一さん(41)=市商工会青年部長=が務め、市民らによる総勢80人の武者行列を一目見ようと、多くの人でにぎわった。まつりは今年で49回目。郷土の英雄である武将、平将門の勇姿を現代によみがえらせようと1972年に始まった。

将門公が祭られている同市岩井の国王神社で「戦勝祈願」の儀式を執り行い、その後、筑波銀行岩井支店の特設ステージに場所を移し、高校生による弓道演武や出陣式を実施。神田明神将門太鼓(東京都)による出陣太鼓が鳴り響く中、武者たちが勇壮に商店街を練り歩いた。福島県の相馬野馬追騎馬隊も参加し、まつりを盛り上げた。

弓の演武を披露した高校生=坂東市岩井
戦勝祈願で奉納された神田明神将門太鼓=坂東市岩井

© 株式会社茨城新聞社