東証、小幅反発 決算好調銘柄に買い

東京証券取引所

 15日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅に反発した。朝方は2022年7~9月期実質国内総生産(GDP)速報値がマイナス成長だったことを嫌気した売りが優勢だった。その後は決算が好調な個別銘柄の値上がりが相場を支え、上昇に転じた。

 終値は前日比26円70銭高の2万7990円17銭。東証株価指数(TOPIX)は7.32ポイント高の1964.22。出来高は約12億1130万株だった。

© 一般社団法人共同通信社