「不平等」指摘、大幅増 1票の格差、違憲判決も

「1票の格差」訴訟の仙台高裁秋田支部の判決を受け、記者会見する原告側の升永英俊弁護士=15日午後、秋田市

 「1票の格差」が最大3.03倍だった7月の参院選は投票価値の平等を求める憲法に反するとして、全国14高裁・高裁支部に起こされた16件の訴訟は15日に一審判決が出そろった。「違憲」が1件、「違憲状態」が8件に上り、不平等な状態に厳しい見方を示す二つの判断が大幅に増えた。前回2019年選挙(3.00倍)時の一審判決は違憲判断がなく、違憲状態も2件のみだった。

 対照的に「合憲」は7件と前回の14件から半減。「合区」が16年選挙で導入されて以降、ほぼ横ばいに推移する格差の一層の縮小に向けた動きに乏しい国会に、司法が厳しい見方を示しつつある現状が浮かぶ。

© 一般社団法人共同通信社