クリムト絵画に黒い油 オーストリアで環境活動家

環境活動家に黒い油をかけられたクリムトの「死と生」=15日、ウィーン(Letzte Generation Oesterreich提供・ロイター=共同)

 【ベルリン共同】オーストリア・ウィーンにあるレオポルド美術館で15日、環境活動家の男性2人が画家クリムトの絵画「死と生」に黒い油をかけた。欧州メディアによると、絵画はガラスで保護され、損傷はないとみられる。

 2人は「最後の世代」と名乗る団体のメンバーで、油をかけた後に「化石燃料による破壊をやめろ」と叫んだ。報道によると、美術館はこの日、オーストリアのエネルギー大手OMVが主催するイベントの一環で入場が無料だった。

 欧州では名画を標的にした活動家の抗議行動が相次いでいる。

© 一般社団法人共同通信社