無料の食糧支援ボックス活用を がんピアネット、17日から受け付け

食料支援ボックスへの申し込みを呼びかける鈴木理事長

 がん患者やその家族の支援に取り組むNPO法人がんピアネットふくしま(福島市)は17~19日の3日間、支援を必要とする人に無料で届ける「食料支援ボックス」の申し込みを受け付ける。

 治療や日々の生活に不安を抱え、医療費の負担も大きいがん患者や家族を支援しようと企画した。ボックスの中にはコメやそば、ふりかけ、缶詰、お菓子などが入っている。食欲のない人でも食べられるように配慮した。同NPOの鈴木牧子理事長は「新型コロナウイルス感染症の影響で買い物に行きにくかったり、人とのつながりが希薄になったりしている人もいると思う。一人で悩まずに連絡してほしい」と話している。

 食料支援ボックスの申し込みは同NPO(電話・ファクス024.563.5665)へ。電話は午前中のみ。メールはoffice@cpn‐fukushima.net。住所、氏名、電話番号、患者か家族か、がん種を記入する。

© 福島民友新聞株式会社