中国の住宅価格58都市で下落 10月、コロナ対策響く

中国湖北省武漢市のマンション建設現場=7月(共同)

 【北京共同】中国国家統計局が16日発表した10月の新築住宅価格指数は、主要70都市のうち58都市で前月と比べ下落した。下落の都市数は9月と比べ4都市増えた。当局の厳格な新型コロナウイルス対策により各地で封鎖措置が続き、市況の悪化に拍車をかけている。

 地方都市だけでなく、天津市、南部の中心地である広東省広州市といった大都市も下落した。首都北京市や、上海市は上昇した。

 統計局が15日発表した1~10月の住宅販売価格は前年同期比28.2%減と大きく落ちこんだ。地方政府の業者への土地売却も低迷している。中国恒大集団など不動産大手は経営危機が続いている。

© 一般社団法人共同通信社