「1票の格差」是正へ議論推進 与野党協議会が初会合

国会内で開かれた参院改革協議会に臨む自民党の世耕参院幹事長(中央)ら=16日午前

 参院の選挙制度を議論する「参院改革協議会」は16日、今国会で初めてとなる会合を開き、参院選「1票の格差」是正へ議論を進める方針を確認した。格差が最大3.03倍だった7月の参院選を巡り、全国の高裁で「違憲」「違憲状態」の判決が出たことを踏まえた対応。座長を務める自民党の世耕弘成参院幹事長は「2025年の参院選に間に合うよう、選挙制度改革の成案を得るべく努力を続けたい」と記者団に述べた。

 協議会は与野党9会派の計13人で構成。25年参院選に向け、隣接県を一つの選挙区にする「合区」の解消などが主な論点になる見通しだ。

© 一般社団法人共同通信社