「ジェラートピケ」買収 米ファンド、2000億円規模

マッシュホールディングスが手がける「ジェラートピケ」の部屋着イメージ

 柔らかい素材を使った部屋着などが人気のアパレルブランド「ジェラートピケ」を手がけるマッシュホールディングス(東京)は16日、米投資ファンドのベインキャピタルの傘下に入ると発表した。ベインの買収額は2千億円規模。マッシュは中国を中心に海外展開を拡大し、3~5年後をめどに上場を目指す。

 ベインは、マッシュ創業者の近藤広幸社長が保有する全ての株式を取得。その後、近藤氏が約4割を再出資し、過半数を年内にベインが保有する。マッシュによると、ベインの買収後もブランドや雇用は維持する方針という。

 マッシュの22年8月期連結売上高は、前期比13.8%増の1023億円。

© 一般社団法人共同通信社