国民健保、出産前後の保険料免除 厚労省方針、24年から

厚生労働省

 厚生労働省は16日、国民健康保険に加入する自営業やフリーランスなどの女性を対象に、産前産後4カ月間の保険料を免除する方針を固めた。少子化対策の一環で、子育て世帯の負担を軽くする狙い。17日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)部会で提示する。24年1月からの実施を目指す。

 会社員が加入する健康保険では、既に産前産後や育児休業中の保険料が免除されている。自営業者ら向けの国民年金でも、産前産後4カ月間の保険料納付が免除されており、国保でも同様の措置を求める声が上がっていた。

 厚労省は、免除に必要となる財源については年末の23年度予算案編成過程で調整する方針だ。

© 一般社団法人共同通信社