海保が無人機を報道公開、八戸 海洋監視、10月から運用

報道陣に公開された海上保安庁の大型無人航空機「シーガーディアン」=17日午後、青森県の海上自衛隊八戸航空基地

 海上保安庁は17日、海洋監視を中心に10月から運用している米ジェネラル・アトミクス製の大型無人航空機「シーガーディアン」を、青森県の海上自衛隊八戸航空基地で報道陣に公開した。担当者は「安全運航を重視し、国の安全・安心に貢献できるようにしたい」と話した。

 海保によると、機体は全長11.7メートル、幅24メートル。飛行は昼夜を問わず、24時間以上の航続が可能という。2台のカメラを搭載し、海難事故や災害への対応も想定。基地内の格納庫にあるオペレーションセンターに有人機と同様のコックピットを設け、複数のモニターを見ながら操作する。

© 一般社団法人共同通信社