接種後死亡「会場の体制に問題」 アレルギー治療すべき事案と指摘

記者会見する柵木充明愛知県医師会会長(右)=17日午後、名古屋市

 愛知県愛西市の集団接種会場で、新型コロナウイルスのワクチン接種後に女性が死亡した問題で、当時の現場対応を審議していた県医師会は17日、アナフィラキシー(重いアレルギー反応)を強く疑い治療すべき事案であり「現場で早期に(治療に使う)アドレナリンの筋肉注射をすべきだった」とする検証結果を発表した。「接種会場の体制に問題があった」と指摘した。

 死亡したのは飯岡綾乃さん(42)。夫英治さん(45)は「原因も責任の所在も、全てがあいまいだ」と批判した。

 飯岡さんは高血圧や糖尿病の基礎疾患があった。接種と死亡の因果関係は、厚生労働省の専門部会などで検証する。

© 一般社団法人共同通信社