FA嶺井がソフトバンク入りへ DeNAから捕手補強

嶺井博希捕手

 ソフトバンクがDeNAから国内フリーエージェント(FA)権を行使した嶺井博希捕手(31)を獲得することが18日、分かった。嶺井は同日までに残留を要請していたDeNAに断りの連絡を入れ、来週にも正式発表される。

 今季リーグ2位に終わったソフトバンクは、甲斐に次ぐ2番手捕手の育成に課題を残した。経験豊富な嶺井はリード面に定評もあり、底上げが狙い。今季推定年俸2700万円で複数年などの好条件を提示し、交渉していた。

 沖縄尚学高から亜大を経て、2014年にドラフト3位でDeNAに入団。今季は自己最多の93試合に出場、打率2割5厘、5本塁打、30打点だった。

© 一般社団法人共同通信社