ソフトバンク、秋季キャンプ終了 藤本監督、「百点満点」と手応え

秋季キャンプを打ち上げ、手締めの音頭を取るソフトバンク・栗原(手前)=宮崎市

 ソフトバンクは18日、宮崎市での秋季キャンプを打ち上げた。今季リーグ最終戦で敗れて優勝を逃し、若手中心に打撃や体幹トレーニングなど厳しいメニューをこなした。藤本監督は「野手も投手も目の色を変えて取り組んでくれた。百点満点」と手応えを口にした。

 小雨の中の最終日だったが、野手陣はグラウンドでフリー打撃やノックなどに汗を流した。藤本監督は正木と野村勇の名前を挙げ「(打球の)強さが出てきた。一段と変わった」と、来季2年目となる2人の成長に頼もしげだった。

 手締めの音頭を取ったのは来季から副主将を務める栗原。「この悔しさは来年必ず晴らしましょう」と呼びかけた。

© 一般社団法人共同通信社