ミル・マスカラスさんに叙勲伝達 覆面レスラー、相互理解に貢献

メキシコプロレスの聖地「アレナ・メヒコ」で行われた叙勲伝達式で、あいさつするミル・マスカラスさん(下中央)=18日、メキシコ市(共同)

 【メキシコ市共同】プロレスを通じ日本とメキシコの相互理解を深めたとして、旭日双光章を受章した人気覆面レスラー、ミル・マスカラス(本名アーロン・ロドリゲス・アレジャノ)さん(80)への叙勲伝達式が18日、メキシコ市の「アレナ・メヒコ」でプロレス大会の開催に併せて行われた。

 メキシコプロレス「ルチャリブレ」の聖地でリングに登壇したマスカラスさんは「日本デビューでの成功が、ファンから信頼や称賛を得る機会を与えてくれた」と振り返り、詰めかけた会場のファンに「ありがとう」と感謝の思いを伝えた。

 マスカラスさんは「千の顔を持つ男」と呼ばれ、日本のマットでも活躍した。

© 一般社団法人共同通信社