青森の養鶏場で鳥インフル疑い

 青森県は20日、横浜町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例を確認したと発表した。遺伝子検査で陽性が確定した場合、飼育する約13万羽を殺処分する。

© 一般社団法人共同通信社