アメフト、富士通など準決勝へ Xリーグ

Xリーグ準決勝進出を決め、取材に応じる富士通の山本ヘッドコーチ=横浜スタジアム

 アメリカンフットボールの日本社会人Xリーグは20日、横浜スタジアムで準々決勝3試合が行われ、2年連続日本一を狙う富士通がアサヒビールに53―3で完勝し、準決勝に進出した。エレコム神戸はIBMに35―25で勝ち、オービックはノジマ相模原と対戦。

 上位リーグ「X1Super(スーパー)」ではA、B両組の各6チームがリーグ戦で争い、各組4位までが準々決勝に進んだ。19日にはパナソニックがベスト4入りしており、準決勝は12月11、12日に実施される。来年1月3日の決勝が日本選手権、ライスボウルとなる。

© 一般社団法人共同通信社