スカーフデモの支持表明 イラン代表、弾圧に懸念

20日、カタール・ドーハで記者会見するサッカーW杯イラン代表のエフサン・ハジサフィ選手(AP=共同)

 【ドーハ共同】サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会に出場するイラン代表のエフサン・ハジサフィ選手が20日、ドーハ近郊で記者会見し、イランの反スカーフデモを支持すると表明した。「国の状況が正しくなく、国民が幸せではないことを受け入れなければならない」と語り、指導部の厳しいデモ弾圧に懸念をにじませた。ロイター通信が伝えた。

 イラン国内では、髪を隠すスカーフのかぶり方が不適切だとして拘束された女性が急死し、これに抗議するデモが9月中旬から続いている。最高指導者ハメネイ師はデモを「暴動」と呼び、治安当局に徹底した取り締まりを指示した。

© 一般社団法人共同通信社