寺田氏を「タケダ」と言い間違え 首相、意中の後任は武田氏?

閣僚辞任について、衆院本会議で質問に答える岸田首相=21日午後

 岸田文雄首相は21日の衆院本会議で、「政治とカネ」問題で寺田稔前総務相を更迭したことを陳謝した際に「タケダ」と言い間違えた。本会議に先立ち、官邸で記者団の質問に答えた時も同様の間違えがあった。後任に松本剛明元外相が起用されたが、自民党関係者は「武田良太元総務相を充てる人事案があったのではないか」と推察した。

 首相は19日深夜に東南アジア歴訪から帰国し、20日に寺田氏交代を決めた。党幹部は「外交や人事で疲れている可能性がある」と指摘した。松本氏は、首相を支える麻生太郎副総裁の派閥に、武田氏は、首相と距離を置く二階俊博元幹事長の派閥に所属している。

© 一般社団法人共同通信社